あとらすブログ

2017年9月27日 水曜日

日が短くなりましたね

こんにちは!

夏の青空も綺麗ですが、秋晴れの空も爽やかな気持ちにしてくれますね。
今日から明日にかけて降る雨は季節を進めるそうです。朝晩も今より涼しくなると思いますので、体調を崩さないようにご注意ください。

すぎなみ和田のあとらす整骨院は、本日も元気に診療中です。
お身体の不調などございましたら、ぜひお越しください。スタッフ一同心よりお待ちしておりますshine
また、お電話でのご予約や空き状況の確認も随時受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。電話番号は、03-6454-1990です。


*******


本日9月27日は「女性ドライバーの日」です。1917年(大正6年)のこの日、栃木県在住の「渡辺ハマさん」が日本女性として初めて自動車運転免許を取得したことに由来します。
当時23歳だった渡辺さんは、その年の1月に上京し自動車学校に入学、4月に卒業してからは自動車商会で運転手見習いをしながら運転免許試験に臨み、見事に合格しました。これって無免許運転にならないのかな?と思ってしまいますが、当時の運転免許証は運転手の雇い主が警視庁に願い出て発酵されるシステムだったそうです。ちなみに、運転免許証取得第一号は「渡辺守貞さん」で、三井銀行社長の三井高保さんの運転手でした。この時は自動車学校がなく、無免許で警視庁に行き、警察官を隣に乗せて試験をしていました。また、この頃日本で走っていたのは輸入車で、輸入車販売会社の関係者が運転を教えていたそうです。
大正時代に自動車を持っていたのは、一部の富裕層と乗合自動車だけでした。タクシーは1912年(大正元年)8月5日に上野駅と新橋駅を拠点に営業を開始しましたが、この頃は鉄道や市電の方が発達していました。ですが、1923年(大正12年)9月1日に発生した「関東大震災」により鉄道や市電が壊滅状態になり、自動車への注目が集まりました。
大正時代、運転手は数少ない「特殊技能」の職業でした。非常に珍しい女性の運転手をされていた渡辺ハマさんのような方がいたから、今日の女性が活躍出来る社会につながっているのだなと思います。自分も頑張らねば!と力を貰えますね。

今日もよい一日を!



投稿者 あとらす整骨院

カレンダー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31