あとらすブログ

2018年1月17日 水曜日

お米を食べられる有り難さ

こんにちは!

1995年の今日、阪神・淡路大震災が発生しました。この震災から得た経験や教訓を次世代に伝えていくこと、活かしていくことが大切だなと改めて思いました。

すぎなみ和田のあとらす整骨院は、本日も元気に診療中です!
お身体の不調などございましたら、ぜひお越しください。スタッフ一同心よりお待ちしておりますshine
また、お電話でのご予約や空き状況の確認も随時受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。電話番号は、03-6454-1990です。


*******


本日1月17日は「おむすびの日」です。ごはんを食べよう国民運動推進協議会が2000年11月に制定しました。
冒頭にもありますように、1月17日は阪神・淡路大震災が発生した日です。この震災により多くの方々が一瞬にして被災者としての生活を強いられました。冬の寒い中住まいを無くし、食べるものにも困っていたことは想像に難くないでしょう。そんな中、全国各地から救援物資が届き、ボランティアの方々の手で炊き出しが行われ、すぐに食べられる「おむすび」が配られたそうです。このときのボランティアの方々の善意を忘れないようにと、この日に「おむすびの日」が制定されました。
ところで、「おむすび」と「おにぎり」の違いはご存知ですか?諸説あるそうですが、その中の一つに神の力を授かるためという神話的なものがあります。
神の力を授かるために、米を山型(神の形)にかたどって食べたものが「おむすび」で、「おにぎり」は「握り飯」が転じたものと言われています。つまり「おむすび」は三角形、「おにぎり」はどんな形でもよいということだそうです。
ちなみに、「おにぎりの日」は6月18日です。石川県の旧鹿西町で、日本最古と思われる「おにぎりの化石」が発見された日にちなんで、町おこしの一環として制定されました。発見されたのは竪穴住居跡からだそうで、普段何気なく食べているおにぎりがこんなに大昔から食べられていたと思うと、驚きしかありません。そして今、おにぎりが物凄く食べたいです。空腹には抗えませんね。

今日もよい一日を!


投稿者 あとらす整骨院

カレンダー

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31