あとらすブログ

2018年3月 5日 月曜日

気温差にご注意ください

こんにちは!

今日は雨rainが降るものの、昨日に引き続き暖かいそうですね。しかし、明日は気温が急降下するとのことです。気温差で体調を崩さないようにご注意ください。

すぎなみ和田のあとらす整骨院は、本日も元気に診療中です!
お身体の不調などございましたら、ぜひお越しください。スタッフ一同心よりお待ちしておりますshine
また、お電話でのご予約や空き状況の確認も随時受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。電話番号は、03-6454-1990です。


*******


本日3月5日は「サンゴの日」です。1996年に世界自然保護基金(WWF)が制定しました。サン(3)ゴ(5)の語呂合わせや3月の誕生石がサンゴなことも制定の理由だそうです。
サンゴといえば海を揺らめく「植物」だと思う方もいるかもしれませんが、実はサンゴは「サンゴ虫」という「動物」で、「刺胞動物門・花虫類」という種類なのです。また、木と同様にサンゴは光合成をする(正確には、サンゴの中に住んでいる褐虫藻が光合成をしている)のですが、地球の温暖化を防ぐのに一役も二役もかってくれています。
また、サンゴとサンゴ礁は違うものです。サンゴは動物の一匹一匹、または群体一つ一つを指します。それに対してサンゴ礁は石灰質のサンゴの骨格を積み重ねて海面近くまで造り上げた地形をいいます。サンゴだけでなく、石灰藻や虫や貝などの生物も石灰質の骨格や殻を作っていきます。サンゴやこうした生物が死んだ後に残された石灰質の骨や殻が固まることによって長い間積み重なっていき、サンゴ礁になるのです。
サンゴがある海は、生態系がバランスよく保たれている豊かな海だと言われています。しかし海水温度の上昇や生活排水などによる水質汚染、土砂が海に流入することによって海水が濁り、周囲の環境悪化がストレスになってサンゴが体内の褐虫藻を放出してしまい、白い骨格が透けて見える「白化」が年々進んでいます。このままの環境が続けば、サンゴが生息できる海域が大幅に少なくなり、生態系も大きく変わってしまうそうです。地球温暖化などの環境問題は話題になることが多いですが、どうしても世界各国の足並みが揃わずにいつまでも問題解決に向けて動き出せないでいるのが歯がゆいですね。一人ひとりの行動や意識していく・考えていくこともとても大切ですが、やはり世界中で協力していく必要があると、サンゴの現状を知って思いました。

今日もよい一日を!





投稿者 あとらす整骨院

カレンダー

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31