あとらすブログ

2018年7月26日 木曜日

少し気温が下がるとホッとします

こんにちは!

気温が少し下がると、身体が楽に感じますね。土日は台風typhoonが本州に接近する影響で暴風雨になるかもしれません。お出かけの際には十分にご注意ください。

すぎなみ和田のあとらす整骨院は、本日も元気に診療中です!
お身体の不調などございましたら、ぜひお越しください。スタッフ一同心よりお待ちしておりますshine
また、お電話でのご予約や空き状況の確認も随時受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。電話番号は、03-6454-1990です。


*******


毎月26日は「プルーンの日」です。プルーンは西洋スモモやプラムとも呼ばれます。海外ではミラクルフルーツと言われ、健康や美容、妊娠中の女性におすすめの栄養を豊富に含んでいます。プルーンと言えば乾燥したものの方が食べる機会が多いかと思いますが、生よりも乾燥プルーンの方が栄養価が高いという特徴があります。
プルーンは鉄分が豊富というイメージが強く、妊娠中の女性におすすめの果物として有名ですが、実はそれほど豊富というわけではありません。プルーンの貧血改善効果が高いと言われるのは、鉄分含有量より葉酸ビタミンB6など造血に必要なビタミンB群、ビタミンCなどがバランスよく含まれているからと考えられます。
また、食物繊維も多いですが、特に水溶性食物繊維(ペクチン)が豊富です。水溶性食物繊維は便秘の解消だけでなく腸内善玉菌増殖作用により、美腸作りにも役立ちます。体内の余分な水分を排出させる働きのあるカリウムも含んでいるので、むくみの予防・改善にも期待できます。
他にも、ポリフェノールの一種であるネオクロロゲン酸を多く含んでいて、近年では抗酸化力の高い食材としても注目されています。また、悪玉コレステロールを低下させる働きやコレステロールの酸化を抑える働きがあり、動脈硬化の発症を抑える効果が期待できます。
プルーンには様々な効果があるのでたくさん食べたいと思ってしまうかもしてませんが、食べ過ぎると糖質の摂り過ぎになり太る可能性が出てきます。生のプルーンは100gあたり49kcalに対して乾燥プルーンは100gあたり235kcalとカロリーが跳ね上がります。また、1日に120gほどのプルーンを食べると下痢を引き起こす可能性があります。栄養価が高いからといって、食べ過ぎないようにしましょう。

今日もよい一日を!







投稿者 あとらす整骨院

カレンダー

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30