あとらすブログ

2018年9月13日 木曜日

甘い匂いに誘われて

こんにちは!

ここ数日の涼しさに喜んでいましたが、連休中はまた30℃を超えるそうです。寒暖差の大きい季節でもありますので、体調を崩さないようにご注意ください。

すぎなみ和田のあとらす整骨院は、本日も元気に診療中です!
お身体の不調などございましたら、ぜひお越しください。スタッフ一同心よりお待ちしておりますshine
また、お電話でのご予約や空き状況の確認も随時受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。電話番号は、03-6454-1990です。


*******


秋の味覚といえば色々ありますが、その中でも今回はホクホクした食感と甘みが特徴的なサツマイモについて書いていきます。
サツマイモは、焼き芋や味噌汁、サラダやスイーツなど様々な料理に使われています。甘いからか太りやすい食材と思われているそうですが、準完全食品と言われているほど栄養豊富で美容にも健康にも良い食材です。
中でも、豊富に含まれる食物繊維は消化できない不溶性のセルロースで、腸を刺激し便秘の予防改善に役立ちます。また、サツマイモを切ったときに切り口に白い汁が出てきます。これはヤラピンという成分で、便を軟らかくし便通を良くする働きがあります。腸内環境が良くなれば、便秘による肌荒れの改善は勿論、体の免疫力を高めることにも役立ちます。
また、ビタミンも豊富です。特にビタミンCは柑橘類並みに多く含まれています。しかもビタミンCは加熱すると減少してしまいますが、サツマイモはでんぷんが包み込んでビタミンCを保護しているので、損失が少ないのです。他にも、若返りのビタミンと言われるビタミンEやポリフェノールの一種であるクロロゲン酸など老化や生活習慣病などを引き起こす原因とされる活性酸素を除去する抗酸化作用があります。
その他、体内からナトリウムを排出する働きがあるカリウム、骨の形成を助けたり肌の新陳代謝を高める働きがあるカルシウムなど様々な栄養を含んでいます。炭水化物だし、焼き芋やスイーツのイメージでカロリーが高いと思われがちなサツマイモですが、100gあたりのカロリーは白米よりも低く、炭水化物の中では低い方です。さらに血糖値を上昇させにくい低GI食品に位置付けられていて、脂肪をため込みにくい食品でもあります。確かにスイーツのように油や砂糖と合わさればカロリーは高くなりますし、食べ過ぎれば太りますが、焼き芋やふかし芋を白米の代わりに食べればより多くの栄養を摂れます。その時は、サツマイモに含まれないたんぱく質を一緒に摂るようにすると良いです。今が旬のサツマイモを食べて健康になりましょう。

今日もよい一日を!



投稿者 あとらす整骨院

カレンダー

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30