あとらすブログ

2018年10月11日 木曜日

風疹にご注意ください

こんにちは!

今日の雨rainは季節を進ませるようで、明日以降は11月並みの気温の日もあるそうです。個人的に20℃くらいの時に何を着たら良いか毎年悩まされるので、涼しくなるならなってほしいなって思います。

すぎなみ和田のあとらす整骨院は、本日も元気に診療中です!
お身体の不調などございましたら、ぜひお越しください。スタッフ一同心よりお待ちしておりますshine
また、お電話でのご予約や空き状況の確認も随時受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。電話番号は、03-6454-1990です。


*******


だんだん秋も深まってきましたね。徐々に冬に向かって寒くなる今の時期は、1日の気温差が大きく身体的にも精神的にも不調を招きがちです。
私たちの体には、体内温度を一定に保つ、排泄を促すなどの恒常性維持の役割を担ってくれる自律神経の働きがあります。しかし、寒暖差の激しい環境にさらされると、その気温差に対応するために自律神経をフル活動させ、必要以上にエネルギーを消費させてしまう寒暖差疲労を起こしてしまいます。寒暖差疲労は、体が疲れやすくなったりだるくなったりするだけでなく、免疫力が下がる、便秘や下痢になる、腰痛、頭痛、肩こり、睡眠障害、体の冷えなどの不調だけでなく、イライラしたり落ち込みやすくなるなどメンタル面での不調も出てきてしまいます。特にメンタル面は、一度崩れると本調子に戻るまでに時間がかかってしまうこともありますし、症状が悪化すれば鬱になるかもしれません。
そうなってしまわないように、寒暖差に負けないメンタル対策が必要です。メンタル対策には、リラックスタイムを作ることが大切です。副交感神経を優位にするのに最も効果的なのは、入浴することです。お湯につかるだけでも高いリラックス効果が得られますが、温泉や薬草入りのお湯につかるとより良いです。また、寒暖差で弱った免疫力を上げるためには、睡眠をしっかりとることが重要です。睡眠は副交感神経が優位に働くため、日中交感神経が優位になりやすい体を睡眠中にケアでき、心身の疲れを癒してくれます。他にも、神経を安定させてくれるカルシウムの吸収を高める食事を摂るようにしましょう。カルシウムを摂る際に、キノコ類や卵、魚、肉類全般に含まれるビタミンDと一緒に摂ると、吸収率がアップします。ちょっと体がおかしいなと感じたら、早めに対策を打っていつも以上にリラックスする時間を作るように心がけましょう。

今日もよい一日を!



投稿者 あとらす整骨院

カレンダー

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31