あとらすブログ

2019年1月30日 水曜日

一杯の味噌汁で健康に

こんにちは!

天気予報に傘マークが付いているだけで小躍りするのは私くらいでしょう。しかし嬉しいので仕方がないです。明日まとまった雨rainが降りますように・・・!!

すぎなみ和田のあとらす整骨院は、本日も元気に診療中です!
お身体の不調などございましたら、ぜひお越しください。スタッフ一同心よりお待ちしておりますshine
また、お電話でのご予約や空き状況の確認も随時受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。電話番号は、03-6454-1990です。


*******


毎月30日は三十(みそ)の語呂合わせから「味噌の日」だそうです。1982年(昭和57年)に全国味噌工業協同組合連合会によって制定されました。
味噌は医者いらずと言い伝えられるほどの栄養を含む食品です。大豆と麹・塩を原料とし、たんぱく質炭水化物ビタミンミネラルなどを豊富に含みます。また、大豆は発酵するとアミノ酸やビタミン類が大量に作られ、大豆で摂取するよりも優れた栄養を持ちます。他にも抗酸化作用のあるイソフラボン、コレステロールの上昇を抑制する効果のあるサポニン、便秘解消やダイエット効果が期待される食物繊維、肝機能を高める働きがあるコリン、メラニンの生成を抑制するリノール酸など、様々な効果・効能もあります。
味噌と言えば、住んでいる地域によって使うものも違いますよね。代表的なものは赤味噌白味噌かと思いますが、これらにどのような違いがあるかご存知ですか?どちらも原材料は同じ大豆ですが、赤味噌は大豆を蒸して作られ、アミノ酸が加熱されたときに褐色物質を生み出すメイラード反応という現象が起こるため、味噌が赤(褐色)色になります。地域的には東日本が中心となって作られ、塩分の低い甘味噌もありますが、辛口で濃厚な旨味があるのが特徴で、長期保存ができるものが多いです。白味噌は大豆を茹でて作られ、大豆を茹でる際にアミノ酸がお湯の中に溶けだすために味噌の色が白くなります。地位的には西日本が中心となって作られ、塩分が低く甘みがあるのが特徴で、貯蔵性は低いです。
また、味噌は大豆に麹を加えて発酵させて作られますが、この麹の原料には大豆の3種類があります。何から作った麹を加えるかによって米味噌麦味噌豆味噌と名称が変わります。ちなみに、現在日本で作られている味噌のおよそ8割は米味噌です。
栄養豊富で健康に良い味噌。普段味噌汁など味噌を使った料理を食べないという方も、今日ご飯にいかがでしょうか。

今日もよい一日を!


投稿者 あとらす整骨院

カレンダー

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31