あとらすブログ

2020年9月23日 水曜日

暑さ寒さも彼岸まで

こんにちは。

台風12号typhoonの影響で、あす24日(木)からあさって25日(金)にかけて関東甲信に接近するおそれがあります。
今夜から東海や関東の沿岸部では激しい雨が降り、大雨になる所もありそうです。外出の際はご注意ください。
昨日の半袖の陽気から一転して、気温が大幅ダウン。平年よりも低く、25度に届かない所が多いでしょう。日中は雨で肌寒くなりますので、きょうは長袖が必須となりそうです。きのうとの寒暖差が大きくなりますので体調管理にご注意ください。

すぎなみ和田のあとらす整骨院は、本日も元気に診療中です。
お身体の不調などございましたら、ぜひお越しください。スタッフ一同心よりお待ちしておりますshine
また、お電話でのご予約や空き状況の確認も随時受け付けておりますので、
お気軽にお問い合わせください。
電話番号は、03-6454-1990です。

*****

「暑さ寒さも彼岸まで」と言いますが、言葉通り過ごしやすくなってきましたね。

では、なぜ「暑さ寒さも彼岸まで」というのでしょう? 春分や秋分は二十四節気のひとつで、太陽が真東から昇って真西に沈み、昼と夜の長さがほぼ同じになります。秋は秋分の日(=彼岸の中日)を境に日が短くなっていき、秋の夜長に向かいます。つまり、太陽の出番がどんどん短くなるので、暑さも和らいでいくわけです。春はこの逆ですね。

しかし、昼と夜の長さが同じだからといって、春分と秋分の気候が同じになるわけではありません。暑さの名残で秋分のほうが10度以上も気温が高いのですが、厳しい暑さや寒さも目処がつく頃なので、「暑さ寒さも彼岸まで」といわれるようになり、慣用句として定着していきました。

暑さ寒さも彼岸までの意味は、厳しい残暑や寒さも彼岸の頃には和らいで過ごしやすくなる、という意味です。日本人の季節に対する感覚を表現しています。
昔と比べて気候が変化しており、従来の季節感とのずれを実感することが多くなりました。暑い寒いだけではなく、「暑さ寒さも彼岸まで」の背景にも目を向けてみてはいかがでしょうか。

今日もよい一日を・・・
 

投稿者 あとらす整骨院

カレンダー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別アーカイブ