あとらすブログ

2020年10月24日 土曜日

食欲の秋

こんにちは。

今日は、晴れsunましたね!土曜日の晴れは8週間ぶりだそうです。昨日は雨だったので洗濯日和になりそうです。
日中は快適でも、朝晩は冬の上着が必要なほどになりそうです。

すぎなみ和田のあとらす整骨院は、土曜日も診療しております。
土曜日の診療時間は、9:00~17:00です。お身体の不調などございましたら、ぜひお越しください。スタッフ一同心よりお待ちしておりますshine
また、お電話でのご予約や空き状況の確認も随時受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。電話番号は、03-6454-1990です。

*****
食欲の秋と言われる由来はなぜ?

暑い夏を超えるとだんだん涼しくなり、待ちに待った秋がやってきましたね。
秋といえば、読書の秋、スポーツの秋など、色々な秋があります。
その中でも、一番最初に思い浮かべるのはやはり「食欲の秋」ではないでしょうか?

食欲の秋と言われている由来には諸説ありますが、代表的なものを4つご紹介します。

①秋は農作物の収穫最盛期だから
食欲の秋と言われる由来のひとつは、秋は多くの農作物の収穫時期だから、ということがあります。
秋は田んぼも畑も、収穫の最盛期を迎えるため、「収穫の秋」「実りの秋」とも言われています。
秋に採れる食べ物は、夏の暑さを乗り越え旨味をたっぷりと蓄えているので、ほかの季節に比べて美味しいのが特徴です。

②セロトニンを増やそうとしているから
夏から秋に変わると、日照時間が急激に短くなりますね。つまり、日光に当たる時間が短くなります。
日光に当たる時間が減ると、精神を安定させてくれるホルモン『セロトニン』の分泌量が減ります。
この「セロトニン」を増やすには、糖質・肉類・乳製品を摂取することと、良質な睡眠をとることを、身体が求め出します。

③人間も冬眠準備をするから
冬眠する動物たちは、冬眠前に大量に餌を食べて、冬に備えて極端に脂肪を蓄えます。
人間は動物のように冬眠することはできませんが、冬眠のように、厳しい冬に備えて脂肪を蓄えておこうとする防御機能があります。

④夏バテした体調を戻そうとする反動
夏は暑くて食欲が落ち、夏バテを起こしてしまう人も多いと思います。
その代わりに、冷たい飲み物をたくさん飲んでしまうことで胃腸が弱り、ますます食欲不振になってしまいますよね。
しかし厳しい夏が終わり、待ちに待った過ごしやすい秋になると、夏に栄養不足だった身体が栄養を蓄えようとします。

田んぼの稲は黄金色に色づき、農家では農作物の最盛期を迎える、日本の秋。
旨味と栄養をたっぷりと蓄えた作物は、どれも美味しいものばかりで、つい食欲が増えてしまいますね。
旬の美味しい食べ物で食卓を囲みながら、楽しい「食欲の秋」を堪能してみてはいかがでしょうか。

今日もよい一日を・・・
 

投稿者 あとらす整骨院

カレンダー

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ