あとらすブログ

2019年6月29日 土曜日

佃煮の日

こんにちは。

今朝は少し肌寒く感じましたね。来週の月曜日までは、雨が降ったり止んだりの天気になりそうです。
湿度が高いので、少し動くと暑く感じます。温度差がありますので、着るもので調節して風邪に気をつけてください。

すぎなみ和田のあとらす整骨院は、土曜日も診療しております。
土曜日の診療時間は、9:00~17:00です。お身体の不調などございましたら、ぜひお越しください。スタッフ一同心よりお待ちしております
また、お電話でのご予約や空き状況の確認も随時受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。電話番号は、03-6454-1990です。

*******

今日、6月29日は「佃煮の日」だそうです。
いわれは、徳川家康の招きで、江戸に移住してきた森 孫右衛門をはじめとする漁民衆は、一丸となって江戸湾の干潟の一角に築島を築き、これが1646年に完成し、これを郷里の大阪・佃村にちなみ佃島と名付けました。
そして完成したこの佃島に、郷里・佃村の産土神の御神霊を祭祁した住吉神社が建立された日が、正保2年(1646年)6月29日で、この日の「二九」を「ツク」と語呂あわせをして、2003年(平成15年)に「佃煮の日」と命名いたしました。

佃煮の名称の起こりは、江戸時代に江戸の佃島の漁師が、海が荒れ魚の獲れない時にと保存の利くように工夫して、小魚を煮込み、非常用備蓄食にしておいたものを、佃島(現在の東京都中央区)にある住吉神社を訪れる参拝客に振舞ったのが始まりで、江戸の回船問屋の主人の供で訪れた賢い奉公人が、これを佃煮の名称で売り出したのが始まりと言われております。

佃煮は水産物、農産物などを原料とし、醤油、砂糖、食塩、水飴などで甘辛く煮詰めた加工食品ですが、素材をまるごと使用するため、各素材の栄養価をそのまま摂取することができる素晴らしい食材です。たとえば、海藻類は、ビタミン、ミネラル、植物繊維などが豊富に含んでいます。
魚類・貝類では、良質なタンパク質や各種ビタミン、カルシウム、鉄、リンなどを多く含み、農産類では、豊富な食物繊維や各種ビタミン、カルシウム、アミノ酸などが多く含んでいます。長い歴史を通して、いつも大事な役割を果たしてきました。グルメや飽食と言われる時代にこそ、歴史を持った伝統的な日本特有の食べ物として、また、最も貯蔵性の長い保存食品として見直したいものですね。


今日もよい一日を・・・

投稿者 あとらす整骨院 | 記事URL

2019年6月26日 水曜日

七夕まつりのお知らせ

こんにちは。

今日は、晴れてsun暑い一日になりそうです。熱中症のリスクが高まり、紫外線も高レベルになりそうです。暑さ対策をして肌ケアも忘れずに。
明日は、雨の予報が出てるので、今日は洗濯日和になりそうですね。

すぎなみ和田のあとらす整骨院は、本日も元気に診療中です。
お身体の不調などございましたら、ぜひお越しください。スタッフ一同心よりお待ちしておりますshine
また、お電話でのご予約や空き状況の確認も随時受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。電話番号は、03-6454-1990です。

*******

7月7日に和田商店街で久しぶりのイベントが開催されます。

七夕夏まつり

場所 桜湯(和田商店街)
時間 10:00~12:00

桜湯にてヨーヨー釣り、おめんづくり、おかし などなど!


七夕ステージ

場所 和田帝釈天 2階
時間 14:00~15:00

読み聞かせ、エプロンシアター、素話、紙しばい、バナナくん体操 などなど! 

見に来てくれたお友達には、プレゼントも用意しているそうです。
久しぶりのイベントですので、ご家族、お友達を誘って遊びに来てくださいね。
お待ちしております。

今日もよい一日を・・・

投稿者 あとらす整骨院 | 記事URL

2019年6月19日 水曜日

元号の日

こんにちは。

今日は、朝からムシムシして湿度が高く暑い一日になりそうですね。予想最高気温は28度くらいだそうです。
風通しの良い服装を着たり、適度に冷房を使うなど、少しでも涼しくしてお過ごしください。また、外出する時は、汗を拭くハンドタオルやハンカチを持ち歩くと良いでしょう。
昼頃から南風がやや強まる予想ですので、風があれば、少し蒸し暑さが和らぐかもしれませんね。


すぎなみ和田のあとらす整骨院は、本日も元気に診療中です。
お身体の不調などございましたら、ぜひお越しください。スタッフ一同心よりお待ちしておりますshine
また、お電話でのご予約や空き状況の確認も随時受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。電話番号は、03-6454-1990です。


*******

新元号が令和に変わり、そろそろ2ヶ月がたとうとしてますね。 あまり知られていませんが、6月19日は「元号の日」です。普段気にしていないだけで、いつも元号は色々なところで目にしていますよね。
「元号」って何なのか。ほとんどの人が今が令和だってわかっていますが、元号のことは何にも知らなかったりします。「元号」のルーツは中国で、中国の武帝のとき「権元」という「元号」が定められたのがスタートです。日本では、皇極天皇が6月19日に「大化」という年号を制定しました。、これが「元号の日」の由来です。
「元号」は、天皇の代毎に変わるというイメージですが、実はこれは明治からなんです。明治時代に「一世一元の制」が定められるまでは、少し違うルールがあって、干支によっては改訂しないと災いをもたらすという思想があったため、60年に一度は改元をしていたようなんです。明治からは、日本オリジナルの「元号」になったと捉えています。
「大化」から今まで定めれてきた元号は、なんと247にもなっているそうです。相当な歴史の重みを感じますね。
最近の日本では、西暦を用いることも増えていますし、グローバル化と共に、元号が押しやられ気味です。しかし、元々は、アジアの中で独立したことを示して定められた「元号」ですし、日本独自の文化になっているわけですから大切にしたいのですね。

今日もよい一日を・・・

投稿者 あとらす整骨院 | 記事URL

2019年6月15日 土曜日

雨に濡れない歩き方

こんにちは。

今日は、気温は20度に届かない所もあり、長袖一枚では寒いくらいに感じられそうです。雨rainに濡れると体が冷えてしまいますので、お出かけにはレインコートやタオル、を用意するとよいでしょう。肌寒く感じますので、風邪に気をつけてください。

すぎなみ和田のあとらす整骨院は、土曜日も診療しております。
土曜日の診療時間は、9:00~17:00です。お身体の不調などございましたら、ぜひお越しください。スタッフ一同心よりお待ちしておりますshine
また、お電話でのご予約や空き状況の確認も随時受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。電話番号は、03-6454-1990です。


*******

雨の日に、歩いていると足元が濡れるのが気になりますよね。

雨の日に歩いていて汚れるのは、大体ズボンの太ももから下の部分です。
なぜそんなところまで濡れたり、泥がはねてしまうのか。
その原因はあるき方にあります。
歩く時、例えば左足を前に出したら右足を後ろに蹴りますよね。
その後ろで足を蹴った時に水や泥が飛散します。

・大股で急ぎ足だった
・足を蹴り上げていた
・足の裏が平行になっていない

では逆にそれをしなければどうなるでしょうか。
すると、先程はズボンに沢山飛び散っていたドロ汚れが、極端に少なくなっていたのです。
しかも汚れているのは裾先のちょこっとだけ。
こう歩けば泥はねを極端に減らすことができる!という確証を持って、皆様に歩き方をご紹介いたします。

・歩幅を狭くして歩く
・かかとからゆっくり着地 (普通に歩ける程度にゆっくりでOK)
・足の裏、向きを揃えるために、足首とつま先はまっすぐして歩く


最初は意識しないと難しいですし、なかなかうまくいかないかもしれませんが、慣れてくるとそんなに意識せずに歩くことができます。
泥跳ねをいつもしてしまう!とお悩みなら、明らかに汚れの数が減るようです。
雨の日は、濡れないように歩くのは難しいと思いますが、意識して歩き少しでも汚れない方が良いですね。


今日もよい一日を・・・

投稿者 あとらす整骨院 | 記事URL

2019年6月12日 水曜日

物を大切に

こんにちは。

今朝は、肌寒く感じましたね。日中の気温は、お昼前後に20度を超えますが、夜は20度を下回って、ひんやりとした空気になるでしょう。
夕方から夜は雨の予報が出ますので傘を持ってお出かけ下さい。

すぎなみ和田のあとらす整骨院は、本日も元気に診療中です。
お身体の不調などございましたら、ぜひお越しください。スタッフ一同心よりお待ちしておりますshine
また、お電話でのご予約や空き状況の確認も随時受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。電話番号は、03-6454-1990です。


*******

今日は 「バザー記念日」です。1884年(明治17年)のこの日、鹿鳴館で第1回婦人慈善市という日本初のバザーが開催されました。
上流階級の女性たちが手工芸品を持ち寄って開いたもので、3日間の入場者は1万2千人に上ったそうです。鹿鳴館は外国からの賓客や外交官を接待するために明治政府によって建てられた社交場で、舞踏会や夜会などが行われていました。当時はバザーのことを、慈善市と呼んでいたそうです。
日本初のバザーが開催された鹿鳴館ですが、元々は、国賓や外国の外交官を接待するため、外国との社交場として明治政府が建てた社交場です。鹿鳴館を中心にした外交政策を「鹿鳴館外交」、欧化主義が広まった明治10年代後半を「鹿鳴館時代」と呼びます。
捨てられるはずのものが、誰かの手に渡って再利用されるのは、とてもよいことだと思います。
売る方は家の不用品がなくなって嬉しいですし、買う方は安くていいものが買えてとても嬉しいですよね。
135年前から始まったバザーですが、今でもバザー、フリーマーケットが色々な場所で開催されてます。
物を大切にしたいですね。


今日もよい一日を・・・

投稿者 あとらす整骨院 | 記事URL

カレンダー

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31