あとらすブログ

2019年8月 9日 金曜日

10(土)~14(水)は休診いたします

こんにちは。

先日ブログでお伝えしましたが、
8月10日(土)~14日(水)は休診させていただきます。15日(木)より通常診療いたします。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

すぎなみ和田のあとらす整骨院は、本日も元気に診療中です!
お身体の不調などございましたら、ぜひお越しください。スタッフ一同心よりお待ちしておりますshine
また、お電話でのご予約や空き状況の確認も随時受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。
電話番号は、03-6454-1990です。

*******

明日から、夏休みの方が多いのではないでしょうか?
せっかくの夏休みですが、お天気が心配ですね。台風10号の進路が定まらないようで、今後の動きに注意が必要なようです。
12日(月)から曇りか雨の予報が出ています。台風の動きが遅いため、影響が長引いてお盆明けまで続くおそれがあります。台風がまだ遠くても、海岸で波が高くなるなどの影響が出てきます。海のレジャーなどには十分に注意してください。
お出かけの方は台風情報を確認し、気を付けてお出かけ下さい。


今日もよい一日を・・・

投稿者 あとらす整骨院 | 記事URL

2019年8月 7日 水曜日

夏を乗り切りましょう

こんにちは。

毎日、暑い日が続いていますね。3つの台風が来ているので、暖かく湿った空気が流れ込みやすくなっておりムシムシしてますね。
気温も高く熱中症に厳重な警戒が必要だそうです。今年は35度の気温が続いていますので、こまめに水分をを取りましょう。

すぎなみ和田のあとらす整骨院は、本日も元気に診療中です。
お身体の不調などございましたら、ぜひお越しください。スタッフ一同心よりお待ちしておりますshine
また、お電話でのご予約や空き状況の確認も随時受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。電話番号は、03-6454-1990です。

*******
8月7日は「バナナの日」です。
バナナには、特に旬がなく1年中いつでも食べることができます。8月は夏バテで体力を消耗することから、バナナを食べて暑い夏を元気に乗り切ってもらいたいと
「8(バ)」「7(ナナ)」の語呂合わせで、日本バナナ輸入組合が定めました。
今でこそ果物の中でも値段が安いバナナですが、明治36年に台湾から日本に持ち込まれて以来、昭和の初め頃まではおみやげ品や、病気のときにしか口にできない高級品だったようです。現在では、子どものおやつとして、スポーツ選手の補給食として、さらにはダイエット向きの食品としても注目されています。これはバナナ1本(100g)あたり86kcalで、豊富な栄養素を含み、エネルギーが長く持続するためといわれています。
また、バナナとヨーグルトを一緒に食べると腸内環境が良くなるそうです。
暑い日が続くと食欲もなくなりますので、バナナなどの栄養があるものを食べて夏を乗り切りましょう。

今日もよい一日を・・・

投稿者 あとらす整骨院 | 記事URL

2019年8月 3日 土曜日

熱中症対策

こんにちは。

梅雨が明け、毎日暑い日が続いていますね。昨年より30日遅い梅雨明けだそうです。
こまめな水分補給を心がけ、外に出かける際は帽子や日傘などで日差しを遮るなど、しっかりと熱中症対策をしましょう。

すぎなみ和田のあとらす整骨院は、土曜日も診療しております。
土曜日の診療時間は、9:00~17:00です。お身体の不調などございましたら、ぜひお越しください。スタッフ一同心よりお待ちしておりますshine
また、お電話でのご予約や空き状況の確認も随時受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。電話番号は、03-6454-1990です。

*******

梅雨が明け、毎日猛暑日が続いていますね。熱中症対策について調べてみました。

熱中症とは、温度や湿度が高い場所などで、身体の中の水分や塩分(ナトリウムなど)のバランスが崩れたり、体温を調節することができなくなったりしておきる健康被害の総称です。
最悪の場合、死に至ることもありますが、予防法を知っていれば防ぐことができます。また、もし熱中症になってしまっても、応急処置を知っていれば救命することも可能です。
熱中症を防ぐためには、正しい知識と日常生活における注意が基本です。

日常生活での注意事項
1.暑さを避けましょう
2.服装を工夫しましょう
3.こまめに水分を補給しましょう
4.急に暑くなる日に注意しましょう
5.暑さに備えた体作りをしましょう
6.個人の条件を考慮しましょう
7.集団活動の場ではお互いに配慮しましょう

暑い季節に長時間の作業や運動を行うと、大量の汗をかくことで熱中症のリスクが高まります。
人間は体重の3%の水分を失うと、運動能力や体温調節機能が低下し、身体に変調をきたします。熱中症は、日射病とは違って、室内でも起きることが多いため、発汗による水分の喪失が2%を超えないよう体重をチェックするなど 十分に気を付ける必要があります。更に、肥満傾向の人、体力・持久力の低い人や持病のある人は熱中症を起こす危険性が高くなっています。体重の変化だけでなく、体調の変化にも十分に注意を払い無理をしないようにしましょう。
厚生労働省は、熱中症対策の一つとして、ナトリウムを100mℓあたり40~80mg含んでいる飲料を推奨しており、摂取のタイミングは20~30分ごとにカップ1~2杯程度摂取することが望ましいとしています。

暑い日が続きそうですが、こまめに水分を取り熱中症対策をしましょう。

今日もよい一日を・・・

投稿者 あとらす整骨院 | 記事URL

2019年7月31日 水曜日

夏季休診のお知らせ


夏季休診を下記のとおりとさせて頂きます。

8月10日(土)~8月14日(水)

8月15日(木)より通常診療いたします。

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

投稿者 あとらす整骨院 | 記事URL

2019年7月27日 土曜日

土用の丑の日

こんにちは。

昨日の夜は台風6号の影響で激しい雨が降りましたね。今朝は晴れてsun気温が上がり、東京の最高気温は32度の予想です。湿度が高く、かなり蒸し暑くなりそうです。熱中症に気をつけて下さい。
今日の夜から明日の午前中まで、雨が強く降りそうですので、お気を付けください。


すぎなみ和田のあとらす整骨院は、土曜日も診療しております。
土曜日の診療時間は、9:00~17:00です。お身体の不調などございましたら、ぜひお越しください。スタッフ一同心よりお待ちしておりますshine
また、お電話でのご予約や空き状況の確認も随時受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。電話番号は、03-6454-1990です。

*******

今日は、土用の丑の日です。
土用の丑の日(どようのうしのひ)は、土用の間のうち十二支が丑の日である。
夏の土用の丑の日のことを言うことが多い。夏の土用には丑の日が年に1日か2日(平均1.57日)あり、2日ある場合はそれぞれ一の丑・二の丑といいます。厳密には土用は四季の毎季それぞれに1回ずつあり、土用の丑の日は年に平均6.09日あります。以下、夏の土用の丑の日のことを単に土用の丑の日と呼ぶそうです。
では、なぜ、土用の丑の日に鰻を食べるのでしょうか?現在では、夏の土用の丑の日に鰻を食べることが、日本ではある意味、習慣化されています。
スーパーはもちろん、最近ではコンビニなどでも、「土用の丑の日にはうなぎを!」などと盛んに宣伝しています。
実は、土用の丑の日にうなぎを食べるようになった理由には、面白い由来があるんです!
時は江戸時代。夏になり、うなぎの売れ行きが悪くなって、困ったうなぎ屋さんが、蘭学者で発明家の「平賀源内」に相談しました。
相談を受けた平賀源内は、「丑の日には、「う」から始まる食べ物を食べれば、ばてることはない」という風習に習って、店先に「「本日丑の日」という張り紙」をするようアドバイスしました。
その張り紙が功を奏して、鰻が飛ぶように売れるようになった、ということです。これをきっかけに、夏の土用の丑の日にうなぎを食べる習慣が始まり、
現在まで引き継がれているのです。
みなさんも夏バテなどしないように、「土用の丑の日」には「うなぎ」を食べて、「うなぎ」が無理でも「う」の付く食べ物を食べて、 元気に乗り切りましょう。

今日もよい一日を・・・

投稿者 あとらす整骨院 | 記事URL

カレンダー

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30