あとらすブログ

2022年5月31日 火曜日

梅雨入り平年より遅いそうです

こんにちは。

昨日は真夏日でしたが、今日は、少し肌寒い1日になりそうです。午前中で、雨は止みましたが曇りの1日になりそうです。


日本気象協会は、5月30日に、最新の「梅雨入り予想」を発表しました。
九州~関東は「平年より遅い」、北陸と東北は「ほぼ平年並み」でしょう。
これまでは、6月は梅雨前線の北上が早く、九州~関東の梅雨入りは平年より早い傾向と予想してきましたが、ブロッキング高気圧の形成などにより、梅雨前線の北上は抑えられる傾向に変わりました。
最新の梅雨入り予想は、関東甲信地方~東北南部は6月12日頃だそうです。

●梅雨入り前も要注意

梅雨入りrainが遅くなる予想ですが、梅雨入り前も要注意。梅雨前線が南に下がると、上空には寒気が入りやすくなります。寒冷低気圧などの影響で、局地的に雨が強まることもあるでしょう。
また、オホーツク海高気圧の影響で、太平洋側は曇雨天が数日続くことがあると予想されます。
本格的な雨の季節を前に、晴れる日は日差しを有効にお使い下さい。

●「大雨の最新情報」どこを見たら何がわかる?

最新の「気象情報」を入手するには、テレビやラジオなどの方法もありますが、インターネットで確認する場合、おすすめのチェックポイントが3つあります。

①雨雲レーダーをチェックしましょう。「今、どこで雨雲が発達しているのか」という実況だけでなく、「この後、雨雲がどこへ進むのか」という予想もわかります。自分のいる付近を拡大すれば、より詳しく知ることができます。

②雷レーダーをチェックしましょう。雨雲レーダーと同じように使えます。また、雷が予想されている所では、落雷だけでなく、竜巻などの突風の可能性も高まっていて、ひょうにも注意が必要です。

③注意報・警報をチェックしましょう。発表されている注意報・警報の種類によって、どんな現象に注意・警戒しなければならないか、わかります。注意警戒事項には、いつまで注意・警戒すべきか、ということも書いてあります。

最近の梅雨の降り方は、しとしと雨ではなく急に強い雨が降りますので、こまめに気象情報を確認した方がよさそうですね。

今日もよい一日を・・・



投稿者 あとらす整骨院

カレンダー

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

月別アーカイブ